敏感肌でも大丈夫なクレンジングランキング|低刺激で肌荒れしない

親子

乾燥した肌のお手入れ

化粧品

洗顔

乾燥肌に限らず、洗顔をするときはできるだけぬるま湯で洗うといいといわれています。冷たい水で洗顔すると、一時的に毛穴が引き締まりますが、敏感肌や乾燥肌の場合には、刺激が強いためあまりおすすめできません。また、熱いお湯の場合で洗顔すると必要最低限な皮脂も洗い流してしまう場合があるので、肌荒れや肌の乾燥を招く可能性があります。洗顔後に、タオルで拭くときも注意が必要です。あまり強くゴシゴシ拭いたりしないように気をつけましょう。強く拭くことによりタオルの繊維で肌を傷つけるおそれがあるためです。また、タオルはできるだけ肌触りがいい柔らかいタイプのものを選ぶといいでしょう。タオルも顔を拭いた後は水分を含んでいますので、雑菌やカビなどが発生しやすくなります。定期的に清潔なものに取り換えることも大切です。

お肌のケア

洗顔をした後はしっかりとスキンケアすることが大切です。スキンケアをせずにそのままにしておくと、肌の乾燥や肌荒れになる場合があります。乾燥肌の場合のスキンケアでは、化粧品などはできるだけ刺激の少ないものを使いましょう。スキンケアするのに、刺激の強い化粧品を使ってしまい、肌が刺激され肌荒れやかぶれなどができてしまってはいけません。自分の肌に合ったものを選びましょう。乾燥肌の場合には、保湿が重要です。化粧水などで肌に水分をしっかりと補い、保湿クリームなどで水分を逃がさないようにしっかりとカバーしましょう。その他にも、寒い時期などは空気が乾燥しやすいため、部屋の湿度も下がっています。加湿器などを使って部屋の湿度を保つことも乾燥肌対策としては有効です。