敏感肌でも大丈夫なクレンジングランキング|低刺激で肌荒れしない

親子

角質層に届けたい成分

洗顔

保湿効果のある成分

乾燥肌の方は正しく化粧水を選ぶことで、肌の乾燥の悩みを解消することができます。多くの方は乾燥肌には化粧水で水分を与えないといけないと思われていますが、この考えは誤りです。正しくは水溶性の保湿成分を角質層に届けるのが、化粧水の役割です。化粧水を選ぶ際には、保湿成分を届ける力を重視するようにしましょう。また、保湿成分も重視しなければならないポイントです。せっかく化粧水に届ける力があっても、保湿効果の成分が配合されていては意味がありません。保湿効果のある成分では、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、グリセリン、プロピレングリコール、ブチレングリコールなどが代表的です。これらの成分が配合された化粧水を使用することで、乾燥肌を改善することができます。

角質層を正常化させる成分

乾燥肌がひどい場合には、角質層そのものがダメージを受けている可能性があります。また、年齢とともに乾燥肌になった方は、細胞間脂質や天然保湿因子が減少している可能性があります。そのような方は保湿成分だけではなく、角質層を正常化させる成分を同時に肌に補うことが重要です。角質層を正常化させる成分には、アミノ酸やピロリドンカルボン酸、乳酸ナトリウム、尿素、ミネラルなどがあります。これらは天然保湿因子を構成している成分であるため、角質層を正常化させてくれるのです。また、セラミドが主成分である細胞間脂質の生成をサポートする成分も、角質層の正常化に非常に有効です。ライスパワーエキスやユーカリは、セラミドの生成を促す成分です。